Life Design Books

出版レーベル「Life Design Books」です。生活者研究やクリエイティブを通して、多様な生き方、本質的な健康のあり方を見つめています。皆さまとつながり、声を聞き、ウェルビーイングを共に創造。つながる出版を実現するためのコミュニティメディアです。

Life Design Books

出版レーベル「Life Design Books」です。生活者研究やクリエイティブを通して、多様な生き方、本質的な健康のあり方を見つめています。皆さまとつながり、声を聞き、ウェルビーイングを共に創造。つながる出版を実現するためのコミュニティメディアです。

    マガジン

    • たびのちから

      「たび」には、「旅」もあれば、「旅行」もあり、「人生」もあります。旅や旅行が誰かの人生の力となり、それがもっと広がって様々な形のウエルビーイングにつながっていくといいなと思っています。そういう「たび」を続ける人、応援している方々に、それぞれの思う「たびのちから」についてお伺いしていきたいと思います。

    • 60代ハナコの現在・過去・未来

      ハナコ世代がどのような60代を紡いでいくのか、様々な生き方を私なりに探りつつ、自分自身の60代もデザインしていけたらと思います。

    • ゆる温活ことはじめ

      冷え性やIBSの経験をベースに、温活ファッションやそれらにまつわる衣食住を、デザイナー視点で発信していきます。

    • AND PET

      猫の「ぼたん」と暮らした筆者が、その中で見つけた心や体にいいことを伝える連載企画。ペットの健康、ヒトの健康、共に暮らす幸せを再確認する毎日です。

    • ライフデザインブックス出版部

      出版レーベル「Life Design Books」発行書籍のご案内です。出版サポートしてきたなかでの気づきや編集こぼれ話をお伝えしていきます。

    ウィジェット

    記事一覧

    #6 このコラムをきっかけに、“シニア”の取材を受けました!

    ■ぼんやりとしか描けない、この先のイメージ このコラムを今年2月にスタートし、気が付けば今回で6本目。ハナコが60代にどう向き合うのかを探り始めた途端に、自分自身…

    チャイナ服と中国茶/ゆる温活ことはじめ#4

    チャイナ服と雑貨と私 私には歳の離れた7歳上の姉がいます。私が小学生の時に姉は高校生で、小銭を渡されては近所の本屋に、当時売られていたマガジンハウスの『Olive』と…

    Life Design Books
    2週間前

    ペットがいると生活は整う?/AND PET#25

    ぼたんが旅立ち、飼い主はだらしなくなりました ぼたんが旅立って、3カ月。寂しい、悲しいという感情は相変わらずですが、それ以外に気になっていることがあります。それ…

    Life Design Books
    3週間前

    「環境問題との両立なくして旅行ビジネスに未来なし。困難だからこそ声を上げようと思った」。そのエコツーリズムの先駆者は言い…

    昨今、「SDGs」(持続可能な開発目標)という言葉やカラフルなロゴに接する機会が増えました。国連が2015年に採択した、この国際目標を受けて、国連世界観光機関(UNWTO)…

    Life Design Books
    3週間前

    7つのホテルを経営する龍崎翔子のビジネスの作り方/LDB出版部#6

    先日、気鋭の若き経営者に出会いました。その名は「龍崎翔子」さん。 私が企画コーディネートをしています経営勉強会で講演をいただいた、 龍崎さんのブランド戦略と市場創…

    Life Design Books
    1か月前

    #5 オープンカレッジ初受講は、刺激いっぱいの90分

     ■暮らしを直撃する“食”の問題を、専門家に学ぶ 今年4月から世田谷区の「野菜づくり講習会」へ参加し、土曜日の朝は隔週で畑に向かいます。鍬を持つ手は相変わらずヨ…

    Life Design Books
    1か月前

    「No Travel, No Life. 世界をより深く知る。それが『平和の力』になる」。そのアメリカ人起業家は言いま…

    6月上旬のアメリカ、フロリダ州オーランド。世界有数の旅行見本市「インターナショナルナル・パウワウ」が3年ぶりにリアル開催され、会場は大いに盛り上がっていました。“…

    Life Design Books
    1か月前

    【AND PET】#24 別れのつらさを知っていますか?

    ぼたんが旅立ちました 我が家の猫、ぼたんが2022年4月4日に旅立ちました。   体調が悪いようなので病院に連れていき、即入院となった翌日の夜。お見舞いから帰宅してすぐ…

    Life Design Books
    1か月前

    パジャマのこと/ゆる温活ことはじめ#3

    パジャマ、着ていますか? 皆さんは寝る時にパジャマを着ていますか? Tシャツやスウェットパンツなどで代用しているという方も多いのではないでしょうか? 私はというと…

    Life Design Books
    2か月前

    #4 退職後7日目、母が骨折!突然始まった親のケア

    ■お花見の余韻を消し去る、アクシデント発生 4月上旬、桜満開の小田原城へ母と出かけ、天守閣やお堀を背景に咲き誇る約300本のソメイヨシノを満喫しました。お城の周りを…

    Life Design Books
    2か月前

    LDB出版部#5 身内化させるファンづくり、「ファンブック」からの気づき

    宝島社から発売されている飲食チェーン店の「ファンブック」なるものが、累計55万部を突破したという人気ぶりなので、探ってみました。 ファンブックは、宝島社と人気飲食…

    Life Design Books
    2か月前

    ヒロクメさんは言った。「壁に突き当たっても、私にはハワイと広島があった。決してあきらめなかった」【#3】

    ハワイの伝統的な衣装を身にまとった女性の姿。南国ならではの植物や建物、家具類。背景に輝く大きなフルムーン。その画風にはどこか懐かしさが漂う。個展やイベント出展に…

    Life Design Books
    3か月前

    LDB出版部#4 書籍『カラーデザインの教科書』取材こぼれ話 /建築家谷尻誠の「からだを細胞からデザインする」お話

    「色を知れば、世界は変わる」。 書籍『カラーデザインの教科書』(日本カラーマイスター協会著)は、各界の第一線で活躍するイノベーターの色彩論も収録した「色の教科書…

    Life Design Books
    3か月前

    #3 新年度のはじめの一歩、農家さんに野菜づくりを学ぶ

    ■社会で役に立つために、何をアップデートする? 「57歳で准看護師試験に合格、“70歳まで現場に” 目標」「87歳、古い団地で一人暮らしを満喫。コロナ禍で始めた新しい…

    Life Design Books
    3か月前

    【AND PET】#23 支援の形、いろいろあるって知っていましたか?

    保護団体を支援する方法は? 我が家の猫、ぼたんは保護団体からやってきました。そこでは犬と猫を保護し、新しい飼い主を探したり、譲渡困難な場合は終生飼育を行ったりし…

    Life Design Books
    3か月前

    「ヤマヂカラをもっとつけたい」。真岡にUターンして得た、自分軸の生きると働く

    生き方や働き方などライフデザイン全域について、生活者とつながりながら研究している弊社では、自ら率先して新たな生き方&働き方を開拓しているメンバーも少なくありませ…

    Life Design Books
    4か月前

    #6 このコラムをきっかけに、“シニア”の取材を受けました!

    ■ぼんやりとしか描けない、この先のイメージ このコラムを今年2月にスタートし、気が付けば今回で6本目。ハナコが60代にどう向き合うのかを探り始めた途端に、自分自身が3月にプチ早期退職。学び直しに視点を置きながら、退職後の自らの体験を中心にテーマを取り上げてきました。すると、6月の初旬に「真穂さんのリタイアライフを取材したい人がいます。」というメッセージが友人から突然届きました。連絡をくださった一般社団法人シニアライフデザイン協会は、「これからどう生きよう。人を想い、自分らし

    スキ
    5

    チャイナ服と中国茶/ゆる温活ことはじめ#4

    チャイナ服と雑貨と私 私には歳の離れた7歳上の姉がいます。私が小学生の時に姉は高校生で、小銭を渡されては近所の本屋に、当時売られていたマガジンハウスの『Olive』という雑誌を発売日に買いに行かされました。 その影響もあってか、10代はオリーブ少女として過ごしました。(実は「オリーブ調査隊」や「私だってオリーブモデル」にも出たことがあります…!) 10代後半にはアジアブームが起こり、ウォン・カーウァイ監督などの香港映画が脚光を浴び、私も『恋する惑星』に夢中になりました。

    スキ
    14

    ペットがいると生活は整う?/AND PET#25

    ぼたんが旅立ち、飼い主はだらしなくなりました ぼたんが旅立って、3カ月。寂しい、悲しいという感情は相変わらずですが、それ以外に気になっていることがあります。それは、私の生活がだらしなくなっているということ。 ぼたんがいた頃は、食事やトイレ掃除、一緒にのんびり過ごすための時間(別名イチャイチャタイム)など、私の1日の中にぼたんのためのルーティンがありました。 ところがぼたんがいなくなると、とたんにメリハリが無くなり、朝はギリギリまで寝ていたり、夜は食事の後片づけもせずにダ

    スキ
    10

    「環境問題との両立なくして旅行ビジネスに未来なし。困難だからこそ声を上げようと思った」。そのエコツーリズムの先駆者は言いました。【#5】

    昨今、「SDGs」(持続可能な開発目標)という言葉やカラフルなロゴに接する機会が増えました。国連が2015年に採択した、この国際目標を受けて、国連世界観光機関(UNWTO)は、2017年を「持続可能な観光国際年」とするなど、それまでも推進してきたサステナブルツーリズム(持続可能な観光)への対応をさらに強化しています。 こうした動きの先駆けのひとつにエコツーリズムの取り組みがあります。ツーリズムには、旅行者を楽しませ、地域の暮らしを豊かにする一方、環境破壊や地域との摩擦などに

    スキ
    9

    7つのホテルを経営する龍崎翔子のビジネスの作り方/LDB出版部#6

    先日、気鋭の若き経営者に出会いました。その名は「龍崎翔子」さん。 私が企画コーディネートをしています経営勉強会で講演をいただいた、 龍崎さんのブランド戦略と市場創造のお考えをお伝えします。 19歳で起業龍崎翔子さんは、2015年に東大在学中の19歳で起業(現 株式会社水星設立)、富良野でペンション経営をスタートさせ、その後事業を広げ、大阪、京都、金沢など現在7つの自社ホテルをプロデュース、運営しています。 他にホテルコンサルティング事業も展開します。 龍崎さんが展開するホ

    スキ
    12

    #5 オープンカレッジ初受講は、刺激いっぱいの90分

     ■暮らしを直撃する“食”の問題を、専門家に学ぶ 今年4月から世田谷区の「野菜づくり講習会」へ参加し、土曜日の朝は隔週で畑に向かいます。鍬を持つ手は相変わらずヨロヨロしていますが、ナス、ピーマン、ズッキーニ、ゴボウ、サツマイモ、トウモロコシなどを毎回植え付けるのは、やはりとても楽しいです。巨大サニーレタスをどっさり収穫した日は、なんとレタス4個を抱えて帰宅。 5月後半には、前年度のメンバーが植えたじゃがいもを試し掘りし、キタアカリ、ピルカ、インカのめざめの3種をゴロゴロと

    スキ
    7

    「No Travel, No Life. 世界をより深く知る。それが『平和の力』になる」。そのアメリカ人起業家は言いました。【#4】

    6月上旬のアメリカ、フロリダ州オーランド。世界有数の旅行見本市「インターナショナルナル・パウワウ」が3年ぶりにリアル開催され、会場は大いに盛り上がっていました。“It was amazing to be here again.” と、現地からその感動を伝えてきてくれたのが、マージョリー・L・デューイさんです。 アメリカ生まれの彼女が単身、大好きだった日本で未知のツーリズムの仕事に就いて35年。アメリカ・ジョージア州の観光開発を皮切りに、国内外にどんどん取り組みを拡大させ、多

    スキ
    8

    【AND PET】#24 別れのつらさを知っていますか?

    ぼたんが旅立ちました 我が家の猫、ぼたんが2022年4月4日に旅立ちました。   体調が悪いようなので病院に連れていき、即入院となった翌日の夜。お見舞いから帰宅してすぐに病院から急変の連絡をもらいましたが、間に合いませんでした。死因は、免疫が赤血球を破壊して起こる「免疫介在性溶血性貧血(IMHA)」という病気。あまりに急過ぎて、病名が確定したのはその数日後、病院が外部に依頼していた血液検査の結果が届いてからです。   翌日の4月5日は、ぼたんが我が家に正式譲渡されて8回目の

    スキ
    11

    パジャマのこと/ゆる温活ことはじめ#3

    パジャマ、着ていますか? 皆さんは寝る時にパジャマを着ていますか? Tシャツやスウェットパンツなどで代用しているという方も多いのではないでしょうか? 私はというと、最近新しいパジャマをおろしました。フランスのブランドPETIT BATEAUのリブ編み素材(コットン100%)で、ハートプリントも気分が上がる上に、やわらかな着心地がお気に入りです。普段は他に同じくコットン素材のパジャマ1着、シルクのパジャマ1着を着まわしています。他には枕カバーも肌や髪に良いとされるシルクを愛

    スキ
    15

    #4 退職後7日目、母が骨折!突然始まった親のケア

    ■お花見の余韻を消し去る、アクシデント発生 4月上旬、桜満開の小田原城へ母と出かけ、天守閣やお堀を背景に咲き誇る約300本のソメイヨシノを満喫しました。お城の周りを歩き疲れたので、報徳二宮神社の境内にある「きんじろうカフェ」でひと休み。このカフェは「二宮尊徳翁」を多くの人に知ってもらうためのカフェだそうで、メニューは尊徳翁にちなんだものばかり。注文したカプチーノには、薪を背負って本を読む幼少期の二宮金次郎のラテアートが! お花見気分を存分に味わったので、そろそろ小田原駅へ

    スキ
    11

    LDB出版部#5 身内化させるファンづくり、「ファンブック」からの気づき

    宝島社から発売されている飲食チェーン店の「ファンブック」なるものが、累計55万部を突破したという人気ぶりなので、探ってみました。 ファンブックは、宝島社と人気飲食チェーン店がコラボし「公式ガイドブック」と銘打ち、その店の歴史や秘話、美味しさの秘密やこだわりなどを読みものとして紹介し、お店で割引や特典が得られる「パスポート」付きなので、お店でパスポートを利用すれば本の元を取れるという、ファンには有難い一冊となっています。 これまでに吉野家、一風堂、築地銀だこ、リンガーハット、

    スキ
    12

    ヒロクメさんは言った。「壁に突き当たっても、私にはハワイと広島があった。決してあきらめなかった」【#3】

    ハワイの伝統的な衣装を身にまとった女性の姿。南国ならではの植物や建物、家具類。背景に輝く大きなフルムーン。その画風にはどこか懐かしさが漂う。個展やイベント出展に加えて、ブックカバーにパッケージデザイン、CDジャケットなどなど展開は多種多様。ハワイ好きならば、一度はどこかでこのアートを目にしたことがあるのでは……。 その作者が、ヒロクメさんだ。本人は、“HILO KUME is an Illustrator.”と言うが、実際はそこに留まらず、いまも夢を追い続ける旺盛なマルチア

    スキ
    10

    LDB出版部#4 書籍『カラーデザインの教科書』取材こぼれ話 /建築家谷尻誠の「からだを細胞からデザインする」お話

    「色を知れば、世界は変わる」。 書籍『カラーデザインの教科書』(日本カラーマイスター協会著)は、各界の第一線で活躍するイノベーターの色彩論も収録した「色の教科書」です。 色を知ることは、知識が身に付くだけでなく、家のなかを彩ったり、心身を癒したり、自分自身を美しく魅せたり、身の回りにある色を少し意識するだけで、暮らしは豊かになっていきます。 本書は、各界のイノベーター12人のカラー戦略と、色の仕組みや機能、人への影響力などお話しいただいた内容を収録しています。 その中で建築

    スキ
    12

    #3 新年度のはじめの一歩、農家さんに野菜づくりを学ぶ

    ■社会で役に立つために、何をアップデートする? 「57歳で准看護師試験に合格、“70歳まで現場に” 目標」「87歳、古い団地で一人暮らしを満喫。コロナ禍で始めた新しい挑戦」「エクセルも使いこなす“91歳課長” 年金だけに頼らず生涯輝く」。こうした見出しを新聞やネットニュースで目にするたびに、前に進もうとするエネルギーに頭が下がります。 准看護師試験に合格した高橋育子さんは、福祉施設に30年以上勤務。障害児ケアの研修で示された難解な医療用語を前に「専門知識なく人命を預かって

    スキ
    10

    【AND PET】#23 支援の形、いろいろあるって知っていましたか?

    保護団体を支援する方法は? 我が家の猫、ぼたんは保護団体からやってきました。そこでは犬と猫を保護し、新しい飼い主を探したり、譲渡困難な場合は終生飼育を行ったりしています。このような団体の活動は一般の方からの援助によって支えられている部分が大きいのですが、では実際に支援したいと思った場合、どのような方法があるでしょう。 団体によって異なりますが、主な方法は以下になります。 ●保護動物を引き取る その団体に保護されている動物を家族に迎えます。飼い主や動物には新しい家族ができ

    スキ
    10

    「ヤマヂカラをもっとつけたい」。真岡にUターンして得た、自分軸の生きると働く

    生き方や働き方などライフデザイン全域について、生活者とつながりながら研究している弊社では、自ら率先して新たな生き方&働き方を開拓しているメンバーも少なくありません。そのうちの一人を今回は紹介します。 彼女と私は2012年の1月に入社した同期。入社当時から同じチームで健康情報誌『セルフドクター』の制作や、ハワイライフスタイルクラブというクラブマーケティング事業に一緒に取り組んでいました。 彼女は小柄で控えめな雰囲気ですが、フラブームが起こる頃にはすでにフラダンサーとしての表

    スキ
    10