マガジンのカバー画像

【AND PET】

23
11歳のおばあニャン(猫)の「ぼたん」と暮らす筆者が、ぼたんと暮らすことで見つけた心や体にいいことを伝える連載企画。ペットの健康、ヒトの健康、共に暮らす幸せを再確認する毎日です。
運営しているクリエイター

記事一覧

【AND PET】#23 支援の形、いろいろあるって知っていましたか?

保護団体を支援する方法は?

我が家の猫、ぼたんは保護団体からやってきました。そこでは犬と猫を保護し、新しい飼い主を探したり、譲渡困難な場合は終生飼育を行ったりしています。このような団体の活動は一般の方からの援助によって支えられている部分が大きいのですが、では実際に支援したいと思った場合、どのような方法があるでしょう。

団体によって異なりますが、主な方法は以下になります。

●保護動物を引き取る

もっとみる
スキありがとうございます!

【AND PET】#22 ペットと逃げられますか?

ペットの国外避難について

ウクライナ情勢について、現地の映像が連日報道されていますが、その中で、飼い主と共に国外へと避難するペットの姿を目にすることがあります。

平時であれば、動物の出入国は手続きに時間も手間もかなりかかります。例えば日本への入国では、

マイクロチップの埋め込み

狂犬病の予防接種(2回、1回目と2回目は30日以上あける)

狂犬病抗体検査

出国前の検査

狂犬病抗体検査後

もっとみる
スキありがとうございます!

【AND PET】#21 寒くありませんか?

冬季オリンピックで気になったこと

北京で開催された冬季オリンピックが閉幕しました。世界のトップアスリートが繰り広げる熱戦はとても見応えのあるものでしたが、素人目線で気になった点が1つ。

「みんな薄着過ぎないか?」

当たり前ですが冬季オリンピックの競技は雪や氷の上で行われます。あまりに寒いと筋肉が強ばって思うような結果が出せなくなりそう。

報道によるとアルペンなどの会場となったのは、気温が氷

もっとみる
スキありがとうございます!

【AND PET】#20 縁起をかつぎますか?

猫は縁起がいい? 悪い?

 猫は縁起がいいという説と、悪いという説。そのどちらも耳にしたことはありませんか? 調べてみると、日本では特に黒猫は、魔除け、幸運を招く、商売繁盛を象徴するものとして縁起がいいと考えられてきたようです。江戸時代には、なんと結核が治るという迷信から黒猫を飼うのが流行したことも。

 黒猫以外では三毛猫のオスが縁起がよいとされます。その理由は、毛色を決める遺伝子の関係で、三

もっとみる
スキありがとうございます!

【AND PET】#19 大掃除をしますか?

大掃除は年末にすべき?

毎年この季節になると、「掃除しなくちゃなぁ」とため息をついてしまいます。まとめてやろうとするから大変だとは分かっていても、キレイになった部屋で新年を迎えたい。そんな気持ちが「大掃除は年末に」という行動の根底にあるのですが、果たして年末は大掃除に向いているのでしょうか。

寒いので窓やバルコニー、玄関まわりの掃除は気がすすみません。気温が低いと汚れが落としにくいイメージもあ

もっとみる
スキありがとうございます!

【AND PET】#18 水分は足りていますか?

猫はあまり水を飲まない?
猫はあまり水を飲まない動物だと考えられています。

それは、もともと砂漠地帯で暮らす生き物だったため、水が無くても生きていける体になっているからというのが定説。とはいえ、全く飲まないで生きていけるわけもなく、我が家で暮らす猫、ぼたんもちょこちょこと水を飲んでいます。

ただ、猫は人間のようにゴクゴクと飲むのではなく、舌先を水面につけ引き上げる時に水の柱を作って口に含むこと

もっとみる
スキありがとうございます!

【AND PET】#17 抜け毛が気になりますか?

秋は被毛が生え変わる「換毛期」
最近、一緒に暮らす猫、ぼたんの抜け毛が増えてきました。猫の毛は1年中生え変わりますが、特に春と秋は換毛期と呼ばれ、暑さや寒さに備えて被毛が生え変わるため抜け毛が多くなる季節です。

ぼたんのようなミックスの日本猫の被毛は、ハリのあるオーバーコート(上毛)と短めで細いアンダーコート(下毛)のダブルコート(二重構造)が多いといいます。ちなみにシングルコート(一重構造)の

もっとみる
スキありがとうございます!

【AND PET】#16 老後を考えたことはありますか?

これからの人生、いつまで猫と暮らせるか
世界でもトップクラスの日本人の平均寿命。厚生労働省「令和2年簡易生命表の概況」を見ると、男性の平均寿命は 81.64 年、女性の平均寿命は 87.74 年でした。前年と比較しても男性は 0.22 年、女性は 0.30 年上回っており、今後もまだ延びていくと推計されています。

これから先の人生も長いなぁと思いながらも、自分がどのような老後を過ごすのか具体的な

もっとみる
スキありがとうございます!

【AND PET】#15 言葉で通じ合っていますか?

猫の言葉を翻訳するアプリが話題に
最近、猫の鳴き声を人間の言葉に翻訳してくれるアプリが話題になっています。20年程前にも同様の機能を持つおもちゃが発売されましたが、今はアプリ。時の流れと技術の進化を感じつつ、早速インストールして使ってみることにしました。

アプリを立ち上げてスタンバイしても、なかなか鳴いてくれない我が家の猫、ぼたん。どんな時によく鳴くかを思い出し、お腹を触ってみました。お腹を触ら

もっとみる
スキありがとうございます!

【AND PET】#14 留守番をさせられますか?

犬よりも猫の方が留守番させやすい
人間と暮らす生き物がどうしても避けられないのが留守番ではないでしょうか。「ペットがいるから旅行に行けない」という声もよく耳にします。

飼い主目線で言うと、日々の散歩が必要な犬に比べると猫はお留守番をさせやすいと思います。もともと群れで生活する犬と、単独で生きる猫という性質の違いも関係するでしょう。実際、犬の場合は日をまたぐ留守番はNGとも言われますが、猫ではその

もっとみる
スキありがとうございます!

【AND PET】#13 「食欲の秋」を楽しんでいますか?

そもそもなぜ「食欲の秋」なのか
この季節、スーパーの目立つ場所にはピカピカに輝くサンマや全国各地で収穫された新米が並び、スイーツのお店ではぶどうやさつまいも、栗などを使ったケーキが登場。アレもコレも美味しくてつい食べ過ぎてしまい、体重計に乗るのが怖くなります。

「食欲の秋」といいますが、旬の食材が並ぶのはどの季節でも同じこと。なぜ秋だけ特別扱いなのでしょう。その理由には諸説あり、主だったものとし

もっとみる
スキありがとうございます!

【AND PET】#12 目の不調はありませんか?

最近気になる目の不調コロナ禍でドライアイに悩む人が増加傾向にあるのだそうです。その理由には、自粛生活でパソコンやスマホなどを見ている時間が増えたこと、マスクの着用で呼気が目に当たりやすくなり涙が蒸発することなどが考えられます。

ドライアイに対する研究推進と診療向上を目指すドライアイ研究会という団体では、ドライアイの原因として注意が必要なものに「3コン」と「3S」を挙げています。「3コン」とは、エ

もっとみる
スキありがとうございます!

【AND PET】#11 いびきをかきますか?

小さな体で大きないびき我が家の猫、ぼたんはなかなか立派ないびきをかきます。「ぷぅぷぅ」「くぅくぅ」という小さく可愛らしいものから、「ブーーーーッ、ブーーーーーッ」「ンゴーーーーッ、ンゴーーーーッ」という轟音まで様々。一緒に暮らし始めた当初は、あまりに大きな音にまさかそれが猫のいびきだとは思わず、「何か故障した!?」と音の原因を探し回ったこともありました。

逆に、「可愛いいびきをかいているな」と思

もっとみる
スキありがとうございます!

【AND PET】#10 汗をかいていますか?

猫が汗をかくのは体のほんの一部だけ
先日、「汗をかきにくい人ほど汗臭、脇臭いはにおいやすい。気になる女性のにおい対策」という記事を公開しました。汗をかきやすいこの季節には特に気になる内容です。そういえば、猫が汗をかいている印象は、あまりありません。

毛皮をまとった動物はみるからに暑そうですが、我が家の猫、ぼたんは冷房が苦手。冷房をつけるといつの間にか他の部屋に移動しています。ぼたんのために用意し

もっとみる
スキありがとうございます!