LDB出版部#1 共感を生み、ファンを育てるマーケティング
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

LDB出版部#1 共感を生み、ファンを育てるマーケティング

Life Design Books

弊社ジャパンライフデザインシステムズは、出版機能があります。
出版レーベルは「ライフデザインブックス」です。
マーケティング・コンサルタントである谷口正和の書籍出版の他に、企業経営者やクリエイターのご著書、企業の周年記念書籍など、コンセプトを伝えることを目的とした書籍の企画編集、出版を手掛けています。

コロナ禍の先の見えない変革期の只中にいる私たちは、日々の暮らし、仕事の価値、幸せとは何か、それぞれに想いを巡らしたこの2年だったのではないでしょうか。

そして、企業においても、社会における存在意味や果たすべきミッションは何か、何をすべきかを問われているように思います。

会社が存在する意味私は何をすべきか、その考えを社会に対してメッセージすることが、これからより重要になっていくように感じます。

コンセプトを伝えていくことが大切


昨今、生活者は、商品を選択する際に、より環境に配慮した企業の商品を選ぶように、生活者の暮らしへの意識は高まっています。
社会に対してこの商品はどうなのか、この企業はどうなのか、と。
SDGsの浸透と共に、この意識はますます高まっていくでしょう。

買う理由、納得感が求められています。それを提示していくことだと思います。

企業の考えを表出すること、その会社の想い、商品の背後にある物語、これらをコンセプトとして伝えていくこと
それが生活者の“共感を生み”、その商品の“ファンを育て”、そのファンに永く愛される会社になる
この共感を生みファンを育てていくことが、今後大切な視点だと思います。

企業の想い、経営者の考え、クリエイターの想いを一冊にまとめる書籍づくりをこの10年お手伝いして参りました。
その一つひとつの想いや気づきをお伝えしていければと思い、noteを始めさせていただきます。

文・長谷川千登勢
株式会社ジャパンライフデザインシステムズ 「ライフデザインブックス」発行書籍の数々の出版をプロデュース、メディアの企画・編集を担う。他に、経営セミナーの企画・キュレーションなど、コンセプトワークに関する企業サポートを行う。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
スキありがとうございます!
Life Design Books
出版レーベル「Life Design Books」です。生活者研究やクリエイティブを通して、多様な生き方、本質的な健康のあり方を見つめています。皆さまとつながり、声を聞き、ウェルビーイングを共に創造。つながる出版を実現するためのコミュニティメディアです。